【読書を習慣化する秘訣③】本を読む編part2

読む
この記事を読んで欲しい人
  • 読書をこれから始めたい人
  • 本を読む技術を高めたい人
  • もっと読書が好きになりたい人
はかせ
はかせ

前回の本を読む編に続いて、今回も本の読み方について解説していくぞお!

とりお
とりお

よろしくお願いします!

読めるレベルの本を読む

前回のpart1ではどのように本を読み進めていくのかについて説明をしていきました。

しかし、本を買うときの下見、本を読む前の事前調査をしっかりしたとしてもどうしても本を読み進めることができないと言ったものに出会うことがあると思います。

語彙が難しすぎる

内容の理解が追いつかない

思ったより読んでいて楽しくなかった

その際にはもう読むことをやめちゃって大丈夫です。

読むのが苦痛のままその本を読んだとしても

本を読むこと=楽しくない

と言った感情を持ってしまいます。

本来、自分の知らないことを勉強していくということは

今まで知らなかった世界の扉を開けるような感触で、とても楽しいものです。

誰しもRPGゲームを始めた時、最初の町を出た時はワクワクしたと思います。それと同じです。

いま読めない本であっても、

別の種類の本を読み進めていった時に、理解ができるようになります。

また、何冊か読書を読むにつれて本の読み方を理解できるようになった時に

その本をもう一度開いてみてもいいと思います。

「本を読んでいて難しい、楽しくない」

その時はもう別の本に切り替えること

これを頭の中に入れて本を読み進めていきましょう。

(発展)同じジャンル、または異なったジャンルの本を読む。

「本をたくさん読んでいても知識が身につかない」

読書を続けていくにあたって

「なぜ私は読書をしているのだろう」と考えてしまうことがあります。

そんな時はいつもの読書から少しレベルアップした読書をしてみることを筆者は提案します。

本を読むという行為はその本を書いた作者の考えを知ることです。

念頭に入れておきたいことは、あくまでも作者の主張であること。

その本を作る際に多くの人の意見を勉強して作り上げたと思いますが、

作者の意思、主張が入り込むことは必然です。

そのために、一つの本を読んで、その本の知識が完全に正しいと思い込むことは

少し注意が必要です。

また、一つの本を読むだけでは知識に偏りができてしまいます。

知識を身につけるということは、

例えばAを勉強したとしたら、その真逆または同類の意見や分野におけるBを知るということです。

反対にBを勉強したとしたら、その真逆または同類のAを勉強するということです。

つまり、

同じ視点が眺めるのではなく、一つの問題や話題を別の方向から眺めること

が重要になってきます。

なた、視点を動かすことによって、知識が本物へと近づいていきます。

そのためにも、今の知識をもっと高めていきたい

知識が身についていないような気がする

と少しでも感じたのなら同じジャンルまたは全く異なる真逆のジャンルを読み進めていきましょう。

一つ例を出します。

「カジノは日本でも導入すべきだ」という本を読んでいたとします。

その際には

「カジノは日本でも導入すべきでない」という本を並行して読むことです。

また、「カジノとはなんなのか」「カジノを導入するには」と言った似たような内容を何冊か読んでもいいでしょう。

基本、何かの主張にはそれに賛成するものと反対するものがあります

それを知ることは、あなたの知識を作り上げ、また自分はこういう主張を持っているということを客観的に知ることにもつながるでしょう。

(発展)同じ作者の本を読み進める

同じ作者が書いたものを読み進めていくこともおすすめです。

その利点は3つあると筆者は考えています。

1つ目、その作者の文体、文の構造を掴めるようになる。

2つ目、同じ主張が書かれていることが多いため、違う作者のものを読むよりも読みやすくなる。

3つ目、自分の好みの文章を知ることができるようになる。

是非、一度読んでこの人の作品は面白いなと感じたら、その作者の別の本を読んでみましょう。

その際に、本屋に足を運び本棚から探すということもできますが、

本屋によっては、出版社ごとに本を並べているところもあり、

「同じ作者が書いているのに、別の出版社からでているから別の本棚に置かれている」

ということがおきます。

筆者のおすすめは、amazon等のネットショッピングサービスで作者の名前を検索してみること

インターネットで検索した場合は、出版社の名前を打ち込まない限り

いろんな出版社から出されている作者の本を調べることができます。

また、とてもお気に入りの作者を見つけることができたのなら、全集を買ってみてもいいかもしれませんね。

なにはともあれ、気楽に読んでいこう

ここまでいろんな本の読み方を紹介してきましたが、大切なことが一つあります

それは、気楽に読んでいくということ

最初から完璧に読まなきゃ、この本を血肉にしなきゃと考えながら読んでいくのは

とても体力を使いますし、読書が長続きしません。

初めのうちは、この本の中から何か気に入った一文を探すんだ!という程度で万々歳です。

何冊か読んでいくにつれて、

自分なりの読書の仕方がわかるし

読書の体力というものがつきます。

まずは気楽にページをめくっていくこと

これを念頭におきながら、楽しく本を読んでいきましょう!

終わりに

とりお
とりお

なんだか僕にも本が楽しく読めるような気がしてきたよ!

はかせ、ありがとう!これで僕も立派な読書鳥だ!

はかせ
はかせ

その意気込みじゃ!まずは楽しく本を読んでいくことが大切じゃよ!

はかせ
はかせ

実は読書というのは、読むことで終わりじゃないんじゃ。

読んでからが読書の力を最大限に発揮する大切なポイント。

次回は本を読んだあとどうしていくのがいいのかについて説明していくぞお!

いかがでしたでしょうか。これを見てくださったあなたが少しでも本を読みたくなった!読みやすくなった!と思っていただいたらとても嬉しいです。

上記に述べたものはあくまでも一例、自分の本の読み方を模索してみてはどうでしょうか。

次回は 【読書を習慣化する秘訣④】本を読んだ後編 をお届けします。

是非、楽しみに待っていてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました